日別アーカイブ: 2018年9月20日

台徳院殿霊廟模型

先日、港区芝公園の増上寺宝物展示室で、英国ロイヤルコレクションである「(たいとくいんでんれいびょうもけい)」を見てきました。
増上寺は徳川家の菩提寺で、「台徳院殿霊廟」は1632年に二代秀忠公の御霊屋として境内に造営され、1930年に国宝指定されたのですが1945年の戦火により焼失してしまいました。

実物の1/10のスケールの「台徳院殿霊廟模型」は1910年にロンドンで開催された「日英博覧会」に東京市の展示物として出品され、そのまま英国王室へ贈呈され数年公開された後解体し、英国の倉庫に保管されておりました。
時が流れ、2014年に田園の倉庫内に保管されているものが台徳院殿霊廟の模型ということを建築史学者により改めて認識されて、日本に渡り修復され、英国より日本への長期貸与が実現したことで2015年から増上寺宝物展示室にて展示されております。

戦火で焼失してしまったことはとても残念に思いますが、細部にわたりとても精巧に作られているこの模型を見ることで、当時の霊廟の壮麗なことがうかがえます。
因みに1617年に創建された日光東照宮は、この台徳院殿霊廟のプロトタイプとのことです。

この模型自体も国宝級との評価もあり、日本に戻ってきての展示はとても嬉しく思います。貸与期間を終えた際には、是非海外で展示し当時からの日本の技術の素晴らしさを広く知ってほしいと思いました。

増上寺